スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険を見直しました

以前、 こちらの記事 でも書いた保険の見直しを終え、契約をしました。
4月から保険料が上がるとのことですが、かけこみで間に合いました。

FPさんに問い合わせた後、新聞やワイドショーなどでたくさん保険見直しの特集をしていたのを目にしました。
偶然のタイミングでしたが、なんとか間に合いました…(汗)


今回は大幅に見直したので、これでしばらくは大丈夫でしょう~
経緯を記録します。

<これまでの保険 ダンナサマの場合>
*独身時代は保険には未加入 ⇒ 第一子の妊娠を機に加入
  確か400万くらいだったかな??

*次男の誕生後、2,400万円へと増額

*三男誕生後、なにもせず。ほったらかしー

新婚時代に“万が一"のことってなかなか考えないものですよね~。
でも子どもが生まれるとなると、話は別です。「なにかあったら、ワタシ1人で育てていけるかな」と不安になり、加入したのでした。
このときは保険の雑誌を買ったり、ネットをいろいろ調べたりしました。でもいろいろな保険商品がありすぎて、理解不能!それで雑誌にオススメとあった 損保ジャパンDIY生命 の1年毎に更新していく保険に入りました。

この保険のウリは、毎年見直しができること。必要額はライフスタイルの変化によって毎年変わるので、それに合わせて自由自在に増減できる、というものです。
必要保障額も、ネットでいろいろ試算をしてみて、保険料の負担額がいちばん低いもので決めました。“万が一”への不安もあるけど、日々の生活も大事ですものね…

<これまでの保険 nobinの場合>
*独身時代、母親の勧めで生命保険に加入。毎月積み立てる終身保険で、死亡保障額は200万円

*結婚後、医療保険を付け足す

*3人の出産後、専業主婦になるが保険は見直さず、ほったらかし~

いわゆる“葬式代”として加入したものです
今回見直しをお願いしたフィナンシャルプランナー(FP)さんのお話では、当時まだ20代だったこともありアラフォーの今現在では考えられないくらいの低い掛け金で済んでいるとのこと。

そして。

<見直しをしたい理由>
(1)必要保障額がわからない
 ⇒子どもが3人とも大学まで進学するとなると、“万が一”のためには保険ではいくらくらい備えておけばいいのかわからない!
  ダンナサマの加入時と同じようにイロイロなサイトで見てみたのですが、みんな出てくる結果が違うのです(涙)

(2)がん保険に加入しておきたい
 ⇒主人は立派なメタボ体型。nobinは親戚に乳がんになった人がチラホラ。
  私たち世代では3人に2人ががんになるとも言われているし、なったらなったでしっかり治療できるようにしたいし。

(3)年金保険に加入しておきたい
 ⇒一番の目的は節税、所得税と住民税の控除をしっかり受けておきたい。
  保険に貯蓄機能をあまり求めていないので。

(4)私の死亡保険を増額したい
 ⇒現時点での200万円じゃ、本当に葬式出して終わりかも!
  まだまだ子どもたちには手がかかるから、増額したほうが良いのかな?

この4点にポイントをしぼり、ネットはもちろん、本や雑誌をいろいろ見てみたのですが…
「たくさんありすぎるー」 ⇒ 「わかんないーー」 ⇒ 「めんどーになってきたー」

そして、今回はプロの方に全面的にアドバイスをいただき、見直しをすることにしたのでした。

すぐに書けないかもしれないけど、続けます~




‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

にほんブログ村に参加してます。
よかったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nobin

Author:nobin
3人の男の子の子育て中のアラフォー主婦です。
興味があることをいろいろ調べたりすることが好き。
でも、記憶力が悪くて・・・

このブログを通して、いろいろ記録していこうと思っています。
のんびり、更新していきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
おすすめ♪
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。